仙台駅前で初めてのクリスマスマーケット

フィンランド独立100周年のメモリアルイヤーに、仙台駅前で初めてのクリスマスマーケットを開催します。仙台とフィンランドの関係は、「健康福祉センタープロジェクト」のパートナーとして、2001年に仙台市が選ばれたことから。「フィンランド健康福祉センター」が仙台市青葉区水の森に設置され、福祉、デザインなど、両国の交流・ビジネス支援などが行われています。今回のクリスマスマーケットは、フィンランド企業やフィンランドにちなんだショップ、作家のほか、仙台や首都圏のクリエイターのクリスマス作品や工芸品、お菓子やパン、ジャムなど、50個のブースで展開。会場は、仙台駅前のエスパル仙台で!!  光のページェントのスタート12/8より5日間開催。ブース販売のほか、フィンランドの文化や生活のご紹介、フィンランドのクリスマス飾りなどのワークショップなども!! スタートまで50日。こちらのwebとInstagram、Facebook、TwitterなどSNSで詳細をご紹介していきます。